海外に行くとかわいいものをたくさん発見します。
日本では絶対に買わないと思うものも魅力的に見えたりしますが...。
そんな魅力的なものを集めてみました。
欲しい!でもお金がない!!という葛藤と日夜戦っています。
 

再出発のお土産・第一弾はアメリカ。
予想はしてたけど、心引かれるお土産は少なかった・・・。アメリカっぽいもの、というのは難しいので、洋服とか靴とか、そういうもののほうが喜ばれるかな。靴は結構安く売ってました。

ルート66グッズ
アメリカ
ルート66というのは、オールドアメリカが好きな人には重要な場所なのだろう。写真はショットグラス。他にも車のナンバープレートなど、アメリカっぽいお土産をドライブインなどで見ることができた。
ドリームキャッチャー
アメリカ
トゥシヤンで開かれていたフリマで見かけたもの。ドリームキャッチャーは日本でもよく見るので珍しくはないが、他にもインディアンテイストなアクセサリーなど、かわいいものを売っていた。
パワーストーン
アメリカ
こちらもインディアン系のお土産。それぞれの石に意味があって、お守りのようなものらしい。グランドキャニオン近辺でよく見かけた。

オスカー像
アメリカ
ハリウッドのお土産屋さんで売っていた。ハリウッドっぽいものを探した結果がこれ・・・。誰もこんなの欲しくない!?
  


 
ヨーロッパ第二弾。
長く滞在していただけあって、イタリアではいろいろ見つけました。
それでも、荷物になるしお金もないので、ほとんど買ってません。
(私はお店にも入っていませんが、噂によると)
イタリアではブランド品が結構安いそうですよ。

トゥルッリの植木蜂
イタリア
アルベロベッロで見つけた、三角屋根がかわいいトゥルッリと観葉植物の置物。部屋に置いておいたら、かわいいだろうな、と思ったけれど、こういうのって検疫でひっかかるんだろうか??
パスタ
イタリア
さすがはパスタの国イタリア。その辺のスーパーにだって、いろんな種類のパスタが置いてある。
レモンジュース
イタリア
青の洞窟のあるカプリ島はレモンの産地。島のいたるところにレモンの木がある。写真のお土産用ジュースは買わなかったけれど、島の売店で飲んだジュースは、なかなかおいしかった。

シチリア島の壁掛け
イタリア
シチリア島では、この写真の様な壁掛けをよく目にした。シチリア島は太陽の島とも呼ばれているらしいが、この顔は太陽なのだろうか・・・。詳細は不明。
仮面
イタリア
ヴェネツィアでは、カーニバルで使われるお面を売っていた。本格的なものから(仮面を作る専門店もある)お土産様まで、いろいろある。町のレストランにはカーニバルの写真が飾ってあった。一度は体験してみたいお祭りの一つだ。
ヴェネツィアングラス
イタリア
ヴェネツィアの町のショーウィンドウには、色とりどりのガラス細工が飾られている。とってもきれい。

ピノキオ人形
イタリア
イタリアの北部で見かけた木製のピノキオ。ピノキオってイタリアのお話だったのかぁ。
闘牛Tシャツ
スペイン
この写真以外にも、たくさんの種類があった闘牛Tシャツ。本物の闘牛は時期が合わず(シーズンは3月から10月まで)見れなかった。
フラメンコのカスタネット
スペイン
写真のカスタネットはお土産用でちょっとチャチだけど、本場のかっこいいのを見つけたら欲しかったな

鳥のおきもの
ポルトガル
ポルトガル名物のこの鳥は、ありとあらゆるお土産になっている。ポルトガルっぽくて良い。?
ミニグラス
ポルトガル(購入)
ポルトガルから一時帰国することになったので、お土産に買った。ポルトガルのワインはこんなグラスで飲んだりもするらしい。
 


 
ーロッパ第一弾です。
ヨーロッパ(特に西欧)は、どこの国も何となく似たようなお土産が多く、ぐっと心を引かれるものは少なかった気がします。
今考えると、もっといい物売ってただろ!っていう気もするんですけどね。

海亀のキーホルダー
ギリシャ(購入)
アドリア海に浮かぶ小さな島、ザキントス島は海亀の生息地としても有名らしい。本来ならば、キーホルダーというのは、あまり魅力的なお土産ではないのだけれど、島一周クルージングツアーで本物の海亀に遭遇、興奮して思わず買ってしまった。島では海亀グッズがたくさん売っている。
オリンピックグッズのアルバム
ギリシャ(購入)
生でオリンピックを見るために、急いでアテネ入りした私達の前に立ちはだかったのが、恐ろしい物価上昇だった。オリンピックグッズもどれもこれも高い!それでも何か1つは買おうかなと探しまくって、やっと決めたのがこのアルバム。まぁ記念だから・・・。
バラの香水
ブルガリア(購入)
長年の夢だったブルガリア(1996年に地球の歩き方を買ったのに、ずっと行けなかった)で、名物のバラの香水を購入。かわいい木の入れ物に入っていて、友達のお土産にもピッタリ。今度は是非、バラ祭りの時期に訪れたい。

刺繍
ブルガリア
ブルガリアは刺繍も有名らしい。ブルガリアの民族衣装を思わせるかわいい刺繍がいっぱい。
ワイン
ルーマニア
ヨーロッパでは、どの国へ行ってもたくさんのワインが売っていて選ぶのに困るほど。このワインはドラキュラで有名なブラン城の下で売っていたもの。ラベルのVの字のところから滴り落ちているワイン(血?)が雰囲気を醸し出している。
チョコレート
オーストリア
昔、一人旅の帰りの飛行機の中で、仲良くなったオーストリアの男性に貰った思い出のチョコレート。オーストリアと言えばモーツアルト、なのかな?結構人気があるようだった。

香水
フランス
コートダジュールの鷹巣村、「エズ」にある香水工場で見つけたもの。市販で買うよりはずっと安いし質がいい(らしい)ので、香水が好きな人にはお勧め。
ワイン
フランス
アルルで見つけたゴッホワイン。飲んでないので味はわからないけれど、フランスに来たらワイン、アルルに来たらゴッホ、ということで載せてみました。
フェラーリの折りたたみ傘
モナコ
モナコと言えば、カジノとF1。フェラーリグッズもたくさんみかけた。ちょうどモナコに行ったとき、雨が降っていたので買おうか迷ったけれど、お金がなく断念。仕方なくヨーロッパではちょっと恥ずかしい、ポンチョ姿でモナコの町を歩いた。


 
インドでは旅に夢中で、ついついお土産の写真を撮るのを忘れてしまいました。ネパールからイランまでアジア最終偏です。

カバン
ネパール(購入)
カトマンズのタメル地区のカバン屋さんで、夫が購入。現在、活躍中のカバン。お店の中で作った品物を直接売っているので、他のお店より安いと思う。種類も色も豊富だった。一緒に買った小物入れは、薬入れとして重宝している。
お守り
ネパール
ボダナートのまわりの仏具屋さんで売っていたもの。いろいろな色使いのものがあり、かわいかった。模様によってお守りの意味が違うみたい。
カレンダー
ネパール
ネパールには手漉きの紙のお土産品がたくさんある。その中でもカレンダーは、絵もかわいいし、実用的だし、お土産にピッタリ。すでに2005年のものがあったのがすごい。

トランク
中国(チベット自治区)
チベットでは、なんだかとっても派手なトランクを売っているのをよく見かけた。いろいろな柄がある。1つ部屋にあったらかわいいかな?
マニ車
中国(チベット自治区)
チベットのおじいちゃん、おばあちゃんは、みんな持っているマニ車。みんなで回しながらコルラ(巡礼)している姿は、チベットの忘れられない光景。
Tシャツ
中国(ウイグル自治区)
お土産の定番のTシャツ。よくある様なものだけど、ウイグルの町並みの中で、こんなおじさん(写真)が画いていると、かわいくみえてくる

ウイグルナイフ(購入)
中国(ウイグル自治区)
カシュガルの日曜マーケットで、ひときわ輝いて見えたのがウイグルナイフ。柄の模様や刃のウイグル文字がかわいい。切れ味抜群で、果物や野菜を買って食べるときなどに重宝している。
  

パンジャビドレス1(購入)
パキスタン
イスラムの国パキスタンは、女性の服装に気を使う。それならばパキスタンの女性と一緒のものを着るのが一番、と仕立ててもらった。着心地が良くて○。
パンジャビドレス2(購入)
パキスタ
かなり気に入ったため、もう一着仕立てることにした。今度はズボンがベルボトム風になっていて、少し都会風な感じ。一着1000円弱(生地代+仕立て代)で作れる
シャルワールカミース(購入)
パキスタン
パキスタンの男性はみんな着ている。私のパンジャビドレス1と一緒に、夫が仕立ててもらった。シャツにはポケットもついていて便利。

カバン
イラン
エスファハーンのエマーム広場はお土産でいっぱい。こんなカバン、前も買ったような気がするけど、見てると欲しくなっちゃう。今回は我慢。
ペルシアンエナメル
イラン
銅で作ったお皿や壺などに、何度もエナメルを塗って仕上げたもの。腕の良い職人さんの作ったものは、本当にきれい。落としても割れないし、ナイフで擦っても色が落ちない。100年以上変わらず残るらしい。今度来たら絶対買う。
ペルシアン絨毯
イラン
イランといえば絨毯。トルコで売られているものも、イランで作られているものが多いそう。いいものを見れば見るほど欲しくなる絨毯マジックにかかったが、重いし高いし、今回は断念。でもいつか買いたい


 
ベトナム以降ピンとくるものにめぐり合わず、サボってしまっていましたが、ミャンマーで、すてきな物をたくさん発見しました。

パオ族の織物の肩掛けカバン(購入)
ロンジーにビーチサンダル、お弁当箱、そしてこの肩掛けカバンがミャンマー人の定番スタイル。
お弁当箱
これもミャンマー人の定番。仕事に出かけるときには、みんなこのお弁当箱を手にぶら下げて歩いている。迷った挙句、荷物になるので買わなかったけど、買っておけば良かった、と後悔している。
男性用ロンジー(購入)
ミャンマー人の正装。暑い国では過ごしやすい服装だと思う。くにおくんの部屋着に重宝している。

仏画(購入)
バガンのスラマニ寺院の中の仏像の前で、黙々と絵を描いていたお兄さんに出会った。(詳しくは旅の毎日”笑顔の国、ミャンマー”で)
買おうか迷って、その日はホテルに戻ったけど、やっぱり欲しくなって、翌日にもう一度スラマニ寺院まで行った。
写真右が画家のお兄さん。
だるま
ポッパ山の麓にある、タウン・カラッという寺院の参道に並んでいる土産物屋で、たくさん積んであった。
あやしげな顔がキュート。
目は画いてあるが、日本のだるまと同じ様な意味があるらしい。。
タマリサワー
ミャンマー滞在中、私達の旅のお供だったお菓子。バガンのレストランで食後にサービスしてもらい、恐る恐る食べてみると、ラムネのような味でとっても美味しかった。
日本にもあれば、絶対売れると思う。

鉄のハサミ
インレー湖に浮かぶ鍛冶屋さんで売っていた。鉄なので重いのが難点だけど、とってもよく切れそう。
葉巻
これもインレー湖に浮かぶタバコ工場で見つけた。工場と言っても、6人ほどの女性が手作業で巻いている。入れ物もかわいい。タバコは一本5K(0.65円)。
 


 
ベトナムのお土産を紹介してます。
ベトナムにはかわいいものがいっぱい!一つ買ったら止まらなくなってしまいました。これでもがまんした方。
安いのはホイアン。デザインが良いのはホーチミンでした。

アオザイ
(ベトナム/ホイアン)
迷ったあげく買っちゃった。誰か結婚したら着ていくよ〜。
ミュール
(ベトナム/ホーチミン)
アオザイ用のサンダルが欲しいと色を合わせて購入。
バック
(ベトナム/ホーチミン)
更にアオザイ用のカバンが欲しいと夫にお願いしてこれも買っちゃいました

バッチャン焼き1:どんぶりとレンゲ
(ベトナム/ホイアン)
右上にお箸を置くための穴があいている。一目ぼれ
バッチャン焼き2:小皿
(ベトナム/ホイアン)
「こういう形のって持ってないよね」
と購入。夫一押し。
バッチャン焼き3:小皿
(ベトナム/ホイアン
3枚1$というお値段に思わず買ってしまいました。

サンダル
(ベトナム/ホイアン)
ビーチで履くときのサンダルが欲しくて購入。裏のゴムがすぐ減っちゃっていまいちだった。
  


 
以前に行った国のおみやげ

モアイの置物:イースター島
(クラフトセンター・オロンゴで
あったおばちゃんのお店で)
マトリオシカ
モスクワ
(シェレメチェボ空港)
ガーネシャ置物
ネパール
(ダルバール広場)

ガラスの香水入れ
チュニジア
(メディナ)
安東のお面
韓国
(安東・回江村)
砂絵のビン
ヨルダン

フラダンスプーさん
ハワイ
(貰ったもの)
縁結びシーサー
沖縄
(貰ったもの)