《予防接種》

  一年以上の長旅をするにあたって、できるだけリスクを減らしたいと思い予防接種を受けていくことにしました。
 一般の病院でもやってくれるところはあるようですが、私達は(財)日本衛生協会、横浜診療所でお願いしました。
 ここで、世界一周をすることを話すと、職員の方が予防接種の必要性とやった方がよいものをとても詳しく(詳しすぎるくらいに)教えてくれました。おまけに後日、きちんと予定が組まれた予防接種の日程表を自宅に送ってくれました。マラリアに関することも教えてくれます。相談だけなら無料です。

 黄熱病は必ずやるとして、なかなか費用のかかるものばかりなので、どの注射を受けるか迷いましたが、右の表のものを受けることにしました。これ以外にすすめられたのは、コレラ、インフルエンザでした。
 コレラは予防接種としての効果はあまりないそうなのですが、アフリカなどでコレラの予防接種の証明書がないと賄賂を要求されることがあるということですすめてくれたそうです。



日程
予防接種
値段
9/13B型肝炎8400円
狂犬病6900円
10/3A型肝炎8700円
破傷風3200円
10/14B型肝炎(二回目)8400円
狂犬病(二回目)6900円
12/6 A型肝炎(二回目)8700円
ポリオ3900円
1/6黄熱病4900円
  
合計
60000円

 これは一人分の料金です。二人なのでこの倍かかっています。高いですね〜。私達は慎重派なのでこれだけやりましたが、削ってもよいかなと思うものもありました。
 ポリオは昭和50年〜52年生まれの人は薬が良くなかったらしく、抗体がついていない人が多いそうです。
 私は世界一周を考えるずっと前に追加の接種を受けたほうがよいと言われたことがあったのでこれを機に受けることにしました。夫は便乗して受けています。
 狂犬病は予防接種をしていっても、犬に噛まれたら追加接種が必要だそうです。病気を持っていそうな動物に噛まれなければよいだけ、という考えも・・・。


《各種手続き》

  長期旅行をするために
やっておいた方がよい手続きがいくつかあります。
けっこう面倒くさいのですが、
やってみると社会勉強になります。

  引越し

公共料金:遅くても3日くらい前に電話で引越しをする日を知らせれば終わりです。
荷物:私たちは、お互いの実家にすべての荷物を置かせてもらいました。実家は私たちの荷物が山のように積まれています。今は、あちらこちらでレンタルボックスといういろいろな大きさのコンテナが借りれ、物置代わりになります。1年以上借りるとお金もかかりますが、便利そうでした。
運搬:私たちの家とお互いの実家が横浜市内だったため、引越しの一週間前くらいから、乗用車で行ったり来たりして大体の荷物を運び、冷蔵庫やベットなど大きいものはレンタカーを借りて運びました。









 住民票

出発日が1月12日だったため、1月1日に住民票を抜いてしまうことにしました。書類は一枚で夫婦二人分の手続きができたため、どちらか一人が区役所に行ければ大丈夫です。身分証明書が必要で、お金はかかりません。
 転居先は、国名だけ書きました。私たちは、インドと書きました(一番長く滞在するかなと思ったので)。
 手続きはあっというまに終わりました。ちょっと構えてたのですが、特別なにも聞かれませんでした。
 住民票を抜くと健康保険、国民年金、住民税を払わなくて良くなります。
 *以上、横浜市の場合です。

 運転免許書

          作成中


《持ち物》

荷物はできる限り少なくしたいと思いましたが・・・
う〜ん、やっぱり多い。
 私は今まで30リットルのバックパックを使っていましたが、今回はもう少し余裕が欲しかったので45/55リットルのものを、旦那は55/65リットルのものを買いました。(MILLETのおそろいです)
 背負ってみてバックに背負われない程度を目安にしたつもりです。
 旅行中、持って行って良かったものや失敗したものを載せていきます。